最新映画情報

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

ワイルドスピードMAX

最新映画情報

            


              英題  FAST & FURIOUS
           制作年 2009年
           制作国 アメリカ
           配給  東宝東和
           時間  107分


             監督: ジャスティン・リン
           キャラクター創造: ゲイリー・スコット・トンプソン
           脚本: クリス・モーガン
           撮影: アミール・モクリ
           プロダクションデザイン: アイダ・ランダム
           衣装デザイン: サーニャ・ミルコヴィッチ・ヘイズ
           音楽: ブライアン・タイラー キャスト


              出演  ヴィン・ディーゼル
                ポール・ウォーカー
                ミシェル・ロドリゲス
                ガル・ギャドット
                ジョーダナ・ブリュースター
                ジョン・オーティス
                ラズ・アロンソ




すご腕ドライバーたちが危険でクールなレースの世界で腕を競い合う『ワイルド・スピード』シリーズの第4弾。

ヴィン・ディーゼルを筆頭に、ポール・ウォーカーら第1作のメンバーが再び集結するほか、ミス・イスラエルのガル・ギャドット演じる謎の美女ジゼルなど新キャラクターも登場する。

シリーズ最大規模のカー・アクションに加え、フルカスタムされたスカイラインGT-Rなど名車の数々にも注目だ。

南米に逃亡したすご腕ドライバー、ドミニク(ヴィン・ディーゼル)は恋人レティ(ミシェル・ロドリゲス)とともに輸送車からの強奪を繰り広げていた。

一方、FBI捜査官ブライアン(ポール・ウォーカー)は、麻薬組織のボス“ブラガ”を追い続けていたが、お尋ね者のドミニクが8年ぶりにロサンゼルスに戻って来たという知らせを受ける。



  

          


一足先に 10月9日公開の ワイルドスピードMAX 見てきました!!

今回は 第1作のオリジナルメンバーが 帰って来たので すっごくいい出来ですよ~

オープニングから ハラハラドキドキさせてくれます!


  


           

ぴっかぴっかの エンジン~ かっこいい!!

ストーリーは 相変わらず単純ですが・・・ この作品の魅力は 改造車とレースですから 気になりませんね・・

日本車VSアメ車!! 対決が楽しいです。

ドミニクの運転する V8エンジンにはワクワクしますね~



  

          

やっぱり この2人の共演が この作品にはぴったりです。

8年前のエピソードも さりげなく盛り込まれるので 公開前におさらいしとくといいかもしれませんね!

期待のレースシーンも オーバーレヴ続出のエンジンフル回転です。

ドリフトも健在で えええ!!! トルコン車でこんな運転しちゃうの?! とか・・・

あ・・・この車は 例のアレじゃないの?! とか・・

車好きには たまらないスピード感です!



  

          

 

ヴィン・ディーゼル ポール・ウォーカーファン そして車ファンには今秋 必見の1作ですね!!

公式サイトはこちら→ http://wild-speed-max.com/







          ペタしてね
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(4) ▲PageTop

リメイクされました!/サブウェイ・パニック

最新映画情報


     
  

74年のウォルター・マッソーとロバート・ショー共演のサスペンス・アクションを「クリムゾン・タイド」「デジャヴ」のトニー・スコット監督&デンゼル・ワシントン主演でリメイク。


ニューヨークの地下鉄保安主任(ワシントン)が、地下鉄を占拠した4人組の武装ハイジャック犯と頭脳戦を繰り広げる。


リメイクされたんですね!!


オリジナルを 公開前に復習しておきたいと思います~

サブウェイ・パニック
¥2,952

ニューヨーク地下鉄構内で、今、ありえない大事件が発生した。


ローカル線ペラム駅を発車した123号が4人組の男にハイジャックされ、17人の乗客と車掌一人が人質にされたのだ。


もうずいぶん前に 他のサブウェイ映画を探しに行った時 見つけて鑑賞してみたんですが・・


この4人組と警察とのやり取り・地下での銃撃戦・人質の安否・・・

結構 ドキドキはらはらあせるしながら観ました。


結末も 「えぇ~!」という なんか虚しい終わり方で 記憶に残っています。


なんとなくしか 覚えてないので 公開までにもう一回見とこうかな~♪

*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop

ちょっとコアな作品/ザ・スピリット

最新映画情報


     

セントラル・シティを悪から守る仮面の男、スピリット。その正体は死んだはずの元刑事デニー・コルトだ。





彼は一度死んだもののなぜか墓場から甦り、死なない肉体を武器に戦い続けている。ある日連絡を受けたスピリットは闇取引の現場へと向かうと、そこには凶悪犯罪者オクトパスの姿が。


また同じ現場からは宝石泥棒サンド・サレフも脱出を図っていた。スピリットはサンドが自分の初恋の相手であることを知り、彼女を探すが……。


アメリカン・コミックの鬼才フランク・ミラーが、ウィル・アイズナーの原作を元に作り上げたダークヒーロー・アクション。


不死の肉体を持つ男・スピリットが自らの存在に悩みながらも悪と戦い街を守る姿を描いていく。映像表現は非常にオリジナリティにあふれたものに。


白と黒をベースに1ヵ所だけ原色を配する独特のパートカラー表現により、ハードボイルド感やキャラクターの感情などを表現。





その他キレのある演出で観る者を驚かせる。端正な顔にマスクをつけた主演のガブリエル・マクトは、製作陣をして「スピリットそのもの」と言わしめた演技を披露。彼の敵役オクトパスを演じたサミュエル・L・ジャクソンは怪演で凶悪犯を表現した。




「シン・シティ」「ウォッチメン」にしびれちゃった方には お勧めですね。

しびれちゃった私ですが・・ 劇場へ行くか・・ ただいま考察中です。


*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop

もうすぐ会える!/幼獣マメシバ

最新映画情報

人生なんて 半径3キロで事足りる・・・ そう信じていた 35歳のパラサイト男を 外の世界に連れ出したのは・・・?
家出中の母が こっそり送りこんだ マメシバの子犬だった!!






引きこもり中年男と かわいいマメシバわんわんの物語です。



TVドラマでみて 何とも言えない雰囲気が大好きになりました。

結構ローカルな番組なんですが・・・ 人気あったんですね。

映画化されちゃいました!!!!

わんこわんわん好きな方には もちろんお勧めなんですが そうでない方にも ストーリーが面白いのでお勧めしたいです。

ほんわかほのぼのな ドラマです。


*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop

予習・・/重力ピエロ

最新映画情報

ずっと見たかった 作品。 


見逃さないように 早く見に行かなくっちゃ!!





原作者も大絶賛!
小説を超えた小説が、映画を超えた映画に!

魅力的なキャラクター、軽快な語り口、心動かされる名セリフの数々でファンを捕えてはなさない伊坂ワールド。その中でも、絶大な人気を誇るのが「重力ピエロ」だ。原作への愛と情熱で映画化の企画を押し進めた脚本・相沢友子と荒木・守屋両プロデューサー、森監督ほか本作への熱い想いたぎる最高のスタッフ・キャストがタッグを組み、奇跡の映画化が実現する。当初伊坂自身は、人生の転機となった最も思い入れが強い作品なだけに、映画化はあまり気が進まなかった。しかし、その想像を超える仕上がりに大絶賛。小説「重力ピエロ」を包む軽やかさはそのままに、時に残酷に、時に感動的に、観客を一瞬にして映像世界に引き込む映画『重力ピエロ』は、森淳一の才能をもってして日本映画界に新たな風を起こす。(公式HPより)



「いつも弟と比べられて、物事をナナメに見る癖ついてんの」

職業:大学院生
研究テーマ:遺伝子

映画を観た伊坂さんに「とてもよかった」とおっしゃっていただいたので、すごく救われた気がしています。





「悪者退治にはバットと兄貴がつきものでしょ」

職業:落書き消し
尊敬する人:ガンジー

僕はただ敷いてあるマット目がけて、安全確認しながら飛んでいただけなんですけど、完成したらフワッと飛んでいたので「よかった!」と思いました(笑)。


この2人の演技が とっても楽しもです。


原作は読んでいるので ストーリーは分かってるんですが・・


映画はどうなのかな・・ 鑑賞後 レヴューいたします。

*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop

Index ~作品もくじ~

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。