ひばなのシネマの天地

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

スピルバーグ繋がりで・・/シンドラーのリスト

DVD鑑賞

シンドラーのリスト スペシャル・エディション (プレミアム・ベスト)
¥1,332

39年、ポーランド南部の都市クラクフにドイツ軍が侵攻した。


ドイツ人実業家のオスカー・シンドラーは、一旗揚げようとこの街にやって来た。


彼は金にものを言わせて巧みに軍の幹部たちに取り入り、ユダヤ人の所有していた工場を払い下げてもらう。


ユダヤ人会計士のイツァーク・シュテルンをパートナーに選んだシンドラーは、軍用ホーロー容器の事業を始める。


41年3月、ユダヤ人たちは壁に囲まれたゲットー(居住区)に住むことを義務づけられる。


シュテルンの活躍で、ゲットーのユダヤ人たちが無償の労働力として、シンドラーの工場に続々と集められた。


この作品にはスピルバーグの 渾身の思いが込められています。その思いがひしひしと伝わってくるストーリーです。


ナチの事ドイツ軍の事も 学校で学習しましたが こんなに悲惨なめにあっていた事を 教科書の中だけでは想像できません。


衝撃的な映画です。


「アンネの日記」とはまた違う 恐ろしい光景の連続とシンドラーの苦悩が 戦争への嫌悪を高めてくれました。


ラストでシンドラーが救った多くの人の 子孫や当時赤ちゃんだった人たちが シンドラーへの思いを語っています。


ものすごい数の人々が シンドラーと云う人のおかげで救われ 今も生きている事に 感動しました。


ぜひお勧めしたい作品です。

スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop


 更新履歴カレンダー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。