ひばなのシネマの天地

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

水曜日は映画館の日/アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン

劇場鑑賞





今週は 1日に2本鑑賞です。


スタートレックより沢山お客さんがいました。 全員女性・・・


流石 日米韓のイケメン出演作品だけの事はある。 内容はというと 女性が喜んでみるような作品ではないんだけどな・・・


この作品の監督は「青いパパイヤの香り」「シクロ」「夏至」を手掛けてきました。そして次回作は「ノルウェイの森」です。


今回の作品 I COME WITH THE RAIN 雨とともに何がやってくるのか・・・




セリフがあまりないので 見て感じるビジュアル・アートのような作品。


謎の青年シタオ そして苦悩する元刑事・黒社会の男・薬に溺れる女・芸術家 全ての人に共通するのは ~苦しみ~





気づかないふりをしたり 癒されたいと願ったり 恐れたり・・・・

そのすべてを シタオを中心に描いている。


とても感覚的で 目を覆うような場面もあり ちょっと考えてしまうような・・ 映像を見て感じる自分の感覚が 感想になる・・・そんな作品。


猟奇的なストーリーの中で 唯一 愛 を感じた場面で レディオヘッドの曲が幻想的な雰囲気を出していました。


雨とともにやってきたのは・・・ 何を感じるかは 見た人次第。 


       ペタしてね

スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop


 更新履歴カレンダー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。