ひばなのシネマの天地

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

デリカテッセン

DVD鑑賞


           

     

監督ジャン=ピエール・ジュネ
マルク・キャロ
製作クローディー・オサール
脚本ジャン=ピエール・ジュネ
マルク・キャロ
ジル・アドリアン
音楽カルロス・ダレッシオ
撮影ダリウス・コンジ
編集ハーヴ・シュナイド

公開1991年4月17日
1991年12月
上映時間99分
製作国

フランス



舞台は核戦争15年後の荒廃したパリに一軒だけ建つ精肉屋=デリカテッセン。


その精肉屋の上にあるアパートに元ピエロの青年、ルイゾンが移り住んでくる。


そこには不気味な店主とクセのある住人達が住んでいた。草木も生えず動物の死に絶えたパリで売られている肉とは…?



      
ちょっと古い作品ですが・・ プレミアムベストが 2009年7月8日に発売されます。 懐かしさもあって もう一度鑑賞して見ました。


やっぱり この作品好きです。 ホラーと思っていたんですが 分類はファンタジーなんですね。 フランスのブラックジョークが いい感じに盛り込まれて シュールな出来ですね。


      


庖丁を研ぐ肉屋の店主 編み物をし続ける老婆 牛の声を作る男 自殺を繰り返す女 そして・・・・


新入りの道化師。


何もかも全部 シュールです。 目を覆うようなシーンはないのに 色んな事を想像出来てしまうんですよね・・・ 


そこが たまらなく好きです。


R指定されているので 苦手な方はお気を付け下さい。 お勧めです。

デリカテッセン (プレミアム・ベスト)
¥1,620


      ペタしてね

スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop


 更新履歴カレンダー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。