ひばなのシネマの天地

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

チェンジリング

DVD鑑賞


           



          ジャンル : スリラー/サスペンス

          製作年 : 2008年

          製作国 : アメリカ

          配給 : 東宝東和

          上映時間 : 142分


          監督・製作・音楽 :クリント・イーストウッド

          出演 : アンジェリーナ・ジョリー ジョン・マルコビッチ

               ジェフリー・ドノヴァン コルム・フィオール

               ジェイソン・バトラー・ハーナー



1928年。


ロサンゼルスの郊外で息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのクリスティン。


だがある日突然、家で留守番をしていたウォルターが失踪。


誘拐か家出か分からないまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れない夜を過ごす。


そして5ヶ月後、息子が発見されたとの報せを聞き、クリスティンは念願の再会を果たす。


だが、彼女の前に現れたのは、最愛のウォルターではなく、彼によく似た見知らぬ少年だった。



 注意ネタばれ 注意注意 *今回はラストに触れています。


        

        

実話をもとに描かれた イーストウッド監督の話題作。 やっと鑑賞しました。


劇場に行きたかったのに・・・ なぜか行けませんでした。


評判もすごく良かったですね。 ちょっと長かったけど ワンシーンごとに丁寧に描かれているので 納得です。



        

        


シングルマザーとして 仕事と子育てを まじめに厳格に続けている親子に 突然降りかかった災難。


やはり どうしても母としての目線で ストーリーを追ってしまいます。


ここのところ 重い題材の作品が続いていて ちょっとお疲れ気味ですが・・・


時代背景と 主人公のクリスティンを取り巻く人々の関係に どんどん引き込まれました。



        

        


母クリスティンの願いは たった1つ。


自分の息子を 探して欲しい!!


そして。。。この 目の前にいる子供は 誰なの??



        

        


次第に事件が明らかになって行くにつれ 刑事や捜査の内容に怒りがわいてきます。


こんなことが 現実にあっていいはずないのに・・・ 何処の国でも 起こっていた現実ですね。


それでも 諦めないクリスティンの姿勢に感銘します。



        

        


多くの困難を乗り越えて 行きつく先にある真実は クリスティンにとってどんな影響があるのか・・


そして 犯人の手助けをしてしまった少年・・・


彼の恐怖と後悔が あまりにも悲しくて この話の中で被害者を除けば 一番酷い経験をしてしまったんではないかと その後も気になります。



        

        

最低な2人の男です。 


何組もの親子が この2人に翻弄され 幸せな人生を壊されてしまいました。


最後まで 子供を探し続けるクリスティン。


7年後に明らかになる 事実によって 新しい希望を得た彼女の表情が せめてもの救いです。



             ペタしてね

スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop


 更新履歴カレンダー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。