ひばなのシネマの天地

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので
久しぶりのご訪問の方は、こちらで未読・既読のご確認ができます

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-)  ▲PageTop

夏休み企画 その4/不思議の国のアリス1903-1915

DVD鑑賞


            

                原題 Alice in Wonderland
             制作年  1903年 1915年

             時間    60分


             原作   ルイス・キャロル

             監督   W・W・ヤング(1915)

                   セシル・ヘプワース

                   &パーシー・ストウ(1903)


             アリス:  ピオラ・サヴォイ(1915)

                   メイ・クラーク(1903)




1903年に世界で最初に「不思議の国のアリス」は映画化されました。


監督のセシル・ヘプワースはカエルの役も演じました。


そして1915年には有名なジョン・テニエルによる挿絵が飛び出したかの様な、見事な映像美でW.W.ヤング監督が完全映画化します。


しかしこのフィルムは近年、発見されるまで、その存在を知る人はとても少なかった為、幻の映画と云われていました。


このDVDにはその2作が納められています。


1903年版8分(完全版)
1915年版52分(完全版)



  

           

1903年版の作品は 収録時間8分と 短い映像ですが 106年前の世界最初の「アリス」は 貴重な映像なので これを見れただけで 満足です。


フィルムの劣化が激しいので ちょっと見にくいですが アリスファンなら必見ですね。



       
1915年に W・W・ヤングが監督し ジョン・テニエルの挿絵が映像化されたような「アリス」は 収録時間52分の 見ごたえのある作品です。



  

           

この時代に こんなにシュールな映像と 原作に忠実な内容で描く事が どんなに困難だったを考えると それだけで拍手をしたくなります。


サイレント映画なので 想像力が掻き立てられて どんどん楽しくなってしまいます。



  

         

小さなお子さんには ちょっと怖いかもしれないので・・・ アリスの原作を読める位の子と一緒に見ると セリフを自分で考えながら見られるかも・・


古いけど 不思議なおとぎの国で きっと楽しめますよ!


不思議の国のアリス (とびだししかけえほん)/ロバート・サブダ
¥3,990
Amazon.co.jp


この本も お薦めです。 ラストページのトランプが飛び散る仕掛けは 大人でもびっくりの出来です。


          ペタしてね

スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0) ▲PageTop


 更新履歴カレンダー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。