ひばなのシネマの天地

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

DVD鑑賞

下宿人


         



         ジャンル ミステリー

         制作年 2009年
         製作国:アメリカ
         原題:The Lodger

         時間 95分
         監督: デヴィッド・オンダーチェ
  
         出演: アルフレッド・モリナ
             シェーン・ウェスト
             サイモン・ベイカー
             レイチェル・リー・クック
             ホープ・デイヴィス
             ドナル・ローグ
             フィリップ・ベイカー・ホール



西ハリウッドを騒がす売春婦殺人事件を追うマニング刑事は、手口が19世紀のロンドンを震撼(しんかん)させた猟奇殺人犯切り裂きジャックに酷似していることに気付く。


やがて、マニングは挙動不審な作家のマルコムに疑いを抱く。


サスペンス映画の神様こと、巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督による1927年公開の同名傑作スリラーを、アルフレッド・モリナら実力派キャストを迎えて大胆リメイク。


映像特典として、予告編集のほか、9種類の未公開シーン、本作の舞台裏風景などを収録する


。ヒッチコックのイギリス在住時代の初期作品にオマージュと思われるエピソードを差し込みながらも、新展開で迫った意欲作。



        

1927年に制作された 「下宿人」は サイレント作品。 流石ヒッチコック監督!!と唸らせる演出と オーバーアクションでした。


何度か映画化されていますが 今回のリメイクは オリジナル作品の雰囲気を壊さず描かれていて 重厚な作りです。


最近 リメイク作を何作かみて オリジナルを超えるものはあまりなかったんですが・・・ 


本作は リメイクしつつ 見やすい脚本と演出になっていて 見ごたえがあります。


切り裂きジャックの模倣犯の犯行シーンは ヒッチコックの演出を思わせ 恐怖感が味わえます。


ミステリー・スリラーファンにも 満足の出来だと思います。 お薦めです。



           ペタしてね


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。