ひばなのシネマの天地

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

劇場鑑賞

夏休み企画 その5/ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢



            
 

                ジャンル クレイアニメ

             制作年  2009年

             制作国  イギリス

             配給    ジブリの森美術館

             監督   ニック・バーク




奇想天外な発明でいつも大騒動を巻き起こしてしまうウォレスと、そんな主人を守るためいつも大活躍の愛犬グルミット。


パン屋“トップ・バン”を始めたこの名コンビが、ふっくら焼けた美味しそうなパンを配達してまわる。


でもよく見ると、働いているのは、やっぱりグルミットばかり?!


ウォレスは、街で出会ったかつてのCM女優パイエラ・ベークウェルに恋をして、仕事に熱が入らない様子。


おまけに、街で起こっている“パン屋さん連続殺人事件”の犯人にウォレスが狙われていることを知ったグルミットは、あの手この手で主人を救おうとする。


それでも能天気なウォレスはまったく気づいてくれず…。





  

               


これはもう 誰でも知っているクレイアニメの 最新作を鑑賞してきました。 


今回は この作品のほか3本の上映で 吹き替えが変わって ちょっと雰囲気が変わったウォレスです。



        

相変わらず よく働きよく気の利くグルミット。


今回は ひょんなことから気づいてしまった 殺人犯から ウォレスを守らなきゃ!!


サスペンス・ホラータッチで ドキドキさせてくれます。



  
 
             


能天気なウォレス・・・・ 大丈夫かな~


パイエラ・ベークウェルとのシーンでは 「ゴースト NYの幻」のあのシーンが!!


とっても楽しくて ワクワクして 本当に面白い!!



       


子供たちも大好きな この作品は大人も思いっきり笑える 素敵なアニメです。


同時上映に 旧作「チーズ・ホリデー(1989年作)」「ペンギンに気をつけろ!(1993年作)」「ウォレスとグルミット 危機一髪!(1996年作)」があります。


そういえば・・・ ひつじのショーンの名付け親って ウォレスだったんですよね・・・


そんな事も懐かしい 3作もとっても楽しめます。 




              ペタしてね


 

スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。