ひばなのシネマの天地

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

DVD鑑賞

やっぱり名作/エイリアン ディレクター・ズカット

今頃こんなレヴューも どうかと思ったんですが・・・

TVでやっていて つい観てしまったので~
エイリアン ディレクターズ・カット (2枚組 プレミアム) [DVD]
¥1,794
Amazon.co.jp


2087年。


資源を積んで地球に帰還するノストロモ号は、とある惑星で正体不明の地球外生命体に遭遇。乗組員の体内に寄生したエイリアンはその腹を食い破って逃走。


船内で次々とエイリアンの餌食になっていく仲間たち。


最後に残された女性乗組員のリプリーは正体不明の生命体を相手に一人闘うことに…。




これが出てきた時は 衝撃を受けました。


こんな映画 今までになかったので 大騒ぎしたのを覚えています。


残念なことに 映画館ではなくビデオテープでの レンタル鑑賞でした。


スクリーンで見たら きっともっとすごい 衝撃だったと思います。




シガニー・ウィーバー演じる リプリーに憧れた時期でした。


強くてたくましい女性ですね。




彼が ロボットだったなんて 船の乗組員と一緒に 驚きました。


このロボットが また良くできていて・・・ 


夢に出てきそうな勢いで 怖かった~~


そんな事を思いつつ 観ていたら この後「遊星からの物体X 」に


もう一度 衝撃を受けた事を 思い出しました。


懐かしい作品を もう一度時間をおいて 鑑賞すると 少し客観的にみられる事を 学習しました。


それでも まだ 映画の中にとっぷり 浸かっちゃってますが・・・


私のスタイルという事で お許しください。

スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。