ひばなのシネマの天地

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

DVD鑑賞

オースティンが描く英国/マンスフィールド・パーク

ジェイン・オースティン・コレクション マンスフィールド・パーク [DVD]/ジョン・キーン
¥2,970
Amazon.co.jp
ジェイン・オースティンの人気小説をジェマ・レッドグレーヴ主演でTVドラマ化。

10歳の時に兄と引き離され、伯母夫妻が住む街へとやって来たファニー。成長した彼女は都会の男からプロポーズされるが、それをきっかけに自分の愛する人の存在に気付く。



マンスフィールド・パーク
¥7,371


貧しい家に生まれ、軽蔑されながらも逞しく生き、身分違いの愛を貫き通す姿を描いたシンデレラ物語。



オースティンの作品は 本でも映像でも良く好んで見ます。


イギリスの貴族社会を描いたものが多いんですが 大胆な会話の割に自由な恋愛が出来ず 気持ちを抑えた・・探り合いのような・・・


そんな恋愛の描き方が好きです。


その中でも一番好きなのは「高慢と偏見」。 そして この作品は同じ原作のものを2作紹介してみました。


ドラマの方は原作から少し離れた部分もありますが きれいにまとまっていると思います。 


作品に忠実に描かれた映画は 主人公ファニーの思慮深い 人を見抜く様子がよく演じられていて 彼女のたくましさが元気をくれます。


オースティンの作品のファンだった 夏目漱石も 『坊っちゃん』の人物描写のお手本に使ったそうです。 


スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。