ひばなのシネマの天地

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

DVD鑑賞

夏休み企画 その1/パコと魔法の絵本


           

           カテゴリー SF/ファンタジー/コメディ/ドラマ

           制作年   2008年

           制作国   日本

           時間     105分


          

           監督  中島 哲也

           出演  役所広司 アヤカ・ウィルソ

                   妻夫木聡 土屋アンナ

                阿部サダヲ 加瀬亮

                小池栄子 劇団ひとり

                山内圭哉 國村隼
                上川隆也 貫地谷しほり







                 


一代で会社を作り、我侭放題に生きてきた大貫は、持病で入院していた。


病院には、患者も医者も看護婦もクセのある者ばかりが集まっていた。


その中で唯一、ピュアな心を持っていたのが、交通事故で入院した少女パコ。


我侭な大貫だったが、パコの優しい心に打たれ、毎日、絵本を読み聞かせるように。


しかし、事故の後遺症でパコの記憶が一日しか持たないと知った大貫は、パコのために絵本をお芝居にしようと病院の人々に呼びかける。





                  



子供が大人に 読んであげたい物語。


キャストの豪華さと 絵具をひっくり返したような色の洪水の映像 そして・・・・


飛び出す絵本がそのまま映像になったような 正に魔法の絵本です。





                 


良く見ないと キャストがどのキャラなのか・・・ 想像もつかない役柄を演じていて 一人ひとりの演技にも 見ってしまい・・そして大笑いです。


パコの心に残りたい。


そんな 単純で素直な気持ちが 病院中のみんなの心を 癒していく・・・・





                  



大冒険の末に パコが得たものは・・・・ パコの笑顔が物語っていますね。


ただ・・ちょっと ストーリーが弱い感じがします。 登場人物のアクが強いので 目では楽しめても 入り込めない感じです。。。。。



        

新しい感覚の作品なので これからどんな風に 邦画が変わっていくのかが楽しみです。


「下妻物語」 見たくなっちゃったな~ そんな気分になる映画でした。



               ペタしてね

スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。