ひばなのシネマの天地

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

最新映画情報

原作が面白い!!/天使と悪魔




あらすじ


ハーバード大学のロバート・ラングドン教授は、ある日セルンの所長、マクシミリアン・コーラーからとある紋章についての説明を求められる。同研究所の科学者、レオナルド・ヴェトラが何者かによって殺害された際、その紋章が彼の胸に焼印として押されていたからである。レオナルドは最近、核エネルギーを凌駕する反物質の精製に成功しており、その反物質も犯人によって盗まれていたことが判明する。ラングドンはその紋章を、伝説的な


一方ローマでは、新しい教皇を選出する


「ダヴィンチ・コード」から3年も経ったんですね。 やっとラングドンが最初にかかわったストーリーが見られます。


原作を読んだのは 数年前になります。 何んとなくしか覚えてないんですがあせる


多分 映画を見れば思い出すんじゃないかな??


ダン・ブラウンの作品は他のも読んでいるので ちょっと混乱してます。


いつもの癖で 面白いと思うと その作家の作品をぜ~~~~~~んぶ 一気に読んじゃうんです。


海堂 尊さんの作品もそうでした汗


原作が面白いと 映像化されて物足りないと言う事がよくあるんですが・・・・ それも仕方がないんですかね・・


「ダヴィンチ・コード」も 謎解きの部分の表現が 物足りない感じがしたんですがしょぼん


今回も原作を上回ることはないと思うので 読み直さずにそのままの うる覚えの状態で見に行こうかと思います。


トム・ハンクスのロバート・ラングドンは 結構はまり役なのかな~音譜 


G・Wを過ぎての公開なので ゆっくり見たいと思います。

スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。