ひばなのシネマの天地

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

DVD鑑賞

ジャックサマースビー

ジャック・サマースビー [DVD]
¥1,890
Amazon.co.jp


1993年の作品です。 


1860年代後半のアメリカ南部、テネシー州ヴァイン・ビル。この地の農園経営者であるジャック・サマースビー(リチャード・ギア)が、南北戦争のためにこの村を出てから6年ぶりで帰って来た。


終戦後2年が過ぎ、戦死したと思っていた村人たちや彼の妻ローレル(ジョディ・フォスター)は驚きと困惑を隠せない。かつて冷酷な性格で、人々から憎まれていたサマースビーだったが、帰って来た彼はまるで別人のようだった。


切ないストーリーです。 顔が似ていた二人の男 けれども終戦後帰ってきた男は・・・・



最後まで真実を語らず 命を懸けて守りたかったものとはしょぼん



リチャード・ギアが素敵です。 誠実な紳士を演じさせたら右に出る人はいませんねラブラブ



この作品のラスト前に 裁判のシーンがあり そこでの弁護側の証言は 裁判官を含め涙が出ます。



かつての夫ではない 別人の男を 妻ローレルは心から愛し救おうと証言しますが・・・・



最後まで疑問が残ります。 なぜ彼は 「ジャック・サマースビー」であり続けなければいけなかったのかはてなマーク



一度だけ 捕虜時代に出会った男の話をします。 彼の本当の姿なのに・・・ 



南北戦争の傷跡をまだ引きずったままのアメリカ きっとこんな理不尽なことが たくさんあったんでしょうね。



本当に 切なくなります。しょぼん  

スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。