ひばなのシネマの天地

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

DVD鑑賞

ハンサム・スーツ

ハンサム★スーツ スペシャル・エディション 初回限定チェンジング仕様 [DVD]
¥3,206
Amazon.co.jp

この作品 ものすごくCMしてましたよね汗


それでも 映画館には行きませんでした・・・・ 取り合えず DVDでいいかなと・・・


やっと レンタル出来たので 昨日放送のTV版『ハンサム・スーツ』に 先駆けて見てみました。



この作品はストーリーに対してのコメントより先に 監督の英勉 さんや ビジュアルディレクターの飯田かずな さんについてから 書こうと思います。


ポスターの画像やスチール画像を見て 面白いと思いませんかはてなマーク


私は 予告を何度も見るうちに 内容より先に 映像やポスターに興味を持ちました。目


監督は誰なんだろぅ・・・・ 検索してみると 英勉さんじゃないですか音譜  CMやPVの世界ではクウォリティーの高い作品を沢山作っていて 気になる監督さんの一人です。 



そして この作品の脚本を 映像で面白くしてくれているのは 飯田さんの色遣いとか キラキラとか・・・


あんまり映画では使わなかった手法を 目いっぱい使って 楽しませてくれていますね。 他にも若い美術スタッフが 携わっていて新しい 映像だと思いました。





何が一番幸せか 


何がいちばん大切か 


誰の事がいちばん大好きか 




大木琢郎・・・・ ハンサム・スーツを着る前と 着た後  周りに集まる人や自分へ態度の違いに 戸惑いや不安が・・・ 


その上 パーフェクト・スーツまで!!  


究極の ≪外見か 中身か≫ の選択を 迫られるわけですがあせる



見ている側は やっぱり 自分自身に問いたくなります。 



自分だったらはてなマーク  笑いながらそんなことを考える 私がいました。ショック!

スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。