ひばなのシネマの天地

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

海外ドラマ

帰ってきた~~

24 リデンプション


 やっと 復活のジャック・バウアー祝日 今回はシーズン6とシーズン7を繋ぐ スペシャル・ストーリーです。 シーズン7は今夏 7月にリリースが決まっているので この作品で予習ですねグッド!





≪ストーリー≫


母国アメリカを守るために全てを犠牲にする生き方に疲れたジャック(キーファー・サザーランド)は、各地を転々とした後、内戦に揺れるアフリカのサンガラで孤児たちのための学校を運営するベントン(ロバート・カーライル)の元に身を寄せていた。ベントンは特殊部隊時代の仲間だが、過去とは決別し別の生き方を見つけていた。そんなある日、武装集団が学校を襲撃。反白人主義のクーデター活動に必要な少年たちを拉致しようとする。サンガラでは、反政府軍が子供たちを洗脳し、兵士に仕立てていたのだった。ともに生活するうちに深い絆が生まれた子供たちの直面する現実に憤ったジャックは、再び銃を手に立ち上がる。その頃、ワシントンでは、アメリカ初の女性大統領の就任宣誓式が始まろうとしていた……。




≪キャスト≫



  ジャックの旧友です。 この友人との係わりから 今回の陰謀に巻き込まれていくんですが・・・ どっちかと言うと やっぱり ジャックが巻き込んでいく感じですかね・・・ダウン

CARL BENTON カール・ベントン

アフリカのサンガラで地元の子供たちや孤児たちを対象とした学校を運営。アイルランド出身の元兵士で、ジャックとは特殊部隊時代からの友人。子供たちのためならどんな犠牲もいとわない人道主義者。





 この人は 頑固で生真面目というか・・ この人の動向も見逃せません目


FRANK TRAMMELL フランク・トラメル

アフリカ、サンガラのアメリカ大使館駐在の主席政務補佐官。帰国して出頭するようジャック・バウアーに召喚状を渡そうとするも拒否され続ける。任務に忠実な公務員。クライマックスでジャックに立ちはだかるが……。





 このひと!! 見るからに怪しすぎます。 絶対にいろんな事企んでいます。ジャックとの対決は どんな展開になるんでしょうね・・・ シーズン7も楽しみです。にひひ


JONAS HODGES ジョナス・ホッジス

アフリカのサンガラに絡む陰謀の指揮を執る一方、大統領就任宣誓式にも立ち会っていることから政府高官関係者らしい。素性や陰謀の詳細などすべてが謎に包まれた人物。シーズンVIIの黒幕となる可能性も?




 とうとう 大統領は女性になったんですね音譜 初めての女性大統領をジャックはどんな形で 助けるんでしょう・・・ 立場的に追い込まれているジャック・バウアー叫び 今回は何度 危機一髪を経験するんでしょうか・・・爆弾


ALLISON TAYLOR アリソン・テイラー

アメリカ初の女性大統領に選出される。大統領就任宣誓式直前に、アフリカのサンガラでの問題に直面。早速その手腕を問われることに。シーズンVIIでは、ジャックと直接会見して命令を下すシーンも登場するらしい。



シーズン7も 驚愕の展開との 予告を見ました・・・・ ショック!


まさか!!!  あの人が!?



なぜ!?  って感じの 展開らしいです。 



本当に驚きです。 っていうか・・・ よく思いついたと思いますが・・・・



今までの流れ的に 大丈夫なんですかね ちょっと心配ガーン



とりあえず リデンプションで ウォーミングアップですねチョキ




スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。