ひばなのシネマの天地

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

海外ドラマ

気になる!!/LISTENER~リスナー~

                   



誰しも一度は思うはず、もしも人の心が読めたなら…
なぜ彼にはその才能があるのか? 彼の使命は何なのか…

トビー・ローガン(クレイグ・オレジニク -「ザ・タイムキーパー」、「ランナウェイ」)は有能な救急救命士であるが秘密を持っている。

彼は他人の心が読めるのだ。

里親に育てられたトビーは両親について何も知らないが、そのことがトビーの能力と密接に関係している。能力を隠しているためにトビーは人を寄せ付けない面が多少ある。トビーの能力を唯一知っているのは、彼の良き相談相手であり、助言者であるレイ・マーサー(コルム・フィオール‐「24 TWENTY FOUR リデンプション」「チェンジリング」)だけである。

2人はこの能力の可能性について調べていた。仕事のパートナーであるエネルギッシュなオスマン・“オズ”・ベイ(エニス・エスマー‐「ビラブル・アワーズ」「ヤング・ピープルズ・ファッキング」)と共にトロントの町を走り回るトビーをドラマは追い、彼が危機に陥った人々を助けようとする姿、自身の心の傷をいやしていく様子を描いていく。

仕事中に人々を助けることはままならないため、トビーはプライベートの時間を使って人助けをすることになる。いざという時にトビーを落ち着かせるのは、相棒であるオズのユーモアだ。
時には厳しく、時には優しいチャーリー・マークス刑事(リサ・マルコス‐「フラッシュポイント」「ケビン・ヒル」)とトビーの元恋人で緊急治療室の医師であるオリビア・フォーセット(ミレーヌ・ディン=ロビック‐「スターゲイト:アトランティス」「ダ・ビンチズ・インクエスト」)のおかげで、トビーは自身の能力が人の役に立つと考えるようになる。

トビーの上司、ジョージ・ライダー(アーノルド・ピノック‐「ライフ With デレク」)と部長刑事のブライアン・ベッカー(アンソニー・レムケ‐「ルーマーズ」「テンプル騎士団の古文書」)が物語を引き締める役割を果たしている。



5月から本放送が始まる 日本初上陸のドラマ。


第1話だけ プレミアム放送があり さっそくチェックしてみました。


最初なのでやっぱり人物紹介的な内容が濃いんですが これからどうなっていくのかが 気になる展開でした。


「HEROES」にも 心が読める能力を持った人がいましたが みんな最初は能力をどう使っていいものか 悩むんですね。


確かに いきなりいろんな人の声が 聞こえてきちゃったら 焦りますガーン


この能力を よいことに使おうとしているんだから やっぱり「HEROES」的な 活躍が これから繰り広げられるんでしょうか・・・・・


第1話だけでは 何とも言いようがないので 早く本放送が観たいですね。


期待の最新ドラマに きっとなると思います。チョキ

スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。