ひばなのシネマの天地

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

DVD鑑賞

譜めくりの女

       譜めくりの女

          

         ジャンル : ドラマ

         製作年 : 2006年

         製作国 : フランス

         配給 : カフェグルーヴ、トルネード・フィルム

         上映時間 : 85分




         監督・脚本 : ドゥニ・デルクール

         出演  カトリ―ヌ・ロフ

             デボラ・フランソワ

             パスカル・グレゴリー

             アントワーヌ・マルティシンウ

             クロティルド・モレ

             グザウィエ・ギルボン

             ジャック・ボナフェ






ピアニストを夢見て一途に励んできた少女メラニーはコンセルヴァトワールの入試に臨むが、憧れの人気ピアニストでもある審査員アリアーヌの無神経さに深く傷つき、自ら夢を封印する。




数年後、息子の子守として再会したアリアーヌはもちろんメラニーを覚えていない。




万事そつなくこなすメラニーを気に入ったアリアーヌは、彼女に譜めくり役を依頼する。やがてメラニーはアリアーヌにとって掛け替えのない存在になってゆく。



      譜めくりの女



主演はデボラ・フランソワになるのかな・・・ 共演のカトリーヌ・ロフが大好きなので鑑賞してみました。




私の知っている ロフはいつもコミカルでかわいらしい女性を演じているんですが・・




本作では 物静かで大人なピアニストを演じています。 いつもと雰囲気が全然違うので ちょっとビックリです。



      譜めくりの女



ストーリー全体に ピアノと弦楽器の音が響いていて BGMの役目を果たしています。



メトロノームの音が 心地よく。。。。感じます。



メラニーとアリアーヌの関係が 少しずつ変わって行くにつれ ピアノの音色まで変わって行きます。



2人の呼吸とか 間とか・・・その空気を 演技の中で感じる事が出来ます。



譜めくりの女

  
      譜めくりの女

         


ピアニストが信頼をし 演奏会の成否を左右するといわれる踏めくり。



そこに復讐心をもった メラニーが加わったここによって 様々な人間模様が繰り広げられます。



ただのドラマではなく サスペンスの要素が濃く ハラハラする場面が何度もあって 見ごたえがありました。




          
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。