ひばなのシネマの天地

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

DVD鑑賞

4か月、3週と2日

     4kagetu_3syukan_2niti.jpg


     

            ジャンル : ドラマ


            製作年 : 2007年


            製作国 : ルーマニア


            配給 : コムストック・グループ


            上映時間 : 113分



 


            監督・脚本 : クリスティアン・ムンジウ


            出演 : アナマリア・マリンカ


                 ローラ・ヴァシリウ


                 ヴラド・イヴァノフ


                 ルミニツァ・ゲオルジウ







1987年の冬のある日、チャウシェスク政権下のルーマニアで、大学生のオティリアは寮のルームメイトのガビツァとせわしくなく動き回っていた。





寮を出たオティリアはホテルへ行くが、予約が入っていない事を知り、仕方なく別のホテルを取る。





またガビツァの代わりにある男に会う事に。実はガビツァは妊娠しており、オティリアはその違法中絶の手助けをしていたのだ。





しかし思うように事は進まず、オティリアの苛立ちはつのっていく。










     432_img01.jpg



チャウシェスク独裁政権末期のルーマニアでは中絶は非合法で、それを犯すと重罪が待っていた。





しかし経済が破綻した状況下では、密かに中絶をするものが多かったという。タイトルの『4ヶ月、3週と2日』とは、カビツァが中絶する日までの妊娠期間の事。





ただし作品のテーマは「中絶の是非」ではなく、ある状況に追い込まれた女性二人が、その時にどう行動するかだ。





ほぼワンシーンワンショットで撮影された本作は、俳優の表情や行動を執拗に追う事で、セリフに表れない感情を見事に引き出している。





性格も対照的な二人の女性が、助け合って生きていく厳しい現状がそこから見えてくる。





2007年のカンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)受賞。







     cinema080227info01.jpg




題名に惹かれてなんとなく見てしまったんですが・・・ とにかく題材が人の命の重さである為に 重苦しい作品です。





ルーマニアの経済状態や 社会や政治の状況も分らずに見てしまったので 憤りといら立ちばかり感じてしまいました。





ガビツァの手伝いをする オティリアの心情がそのまま 画面から伝わってくるのを感じます。





非合法な手術をする為に呼ばれた 医師との会話は独裁的で 彼女たちの置かれた立場を全て表現しているようで・・・・・とても 嫌な気分になります。





彼女たちのこれから先に 救いの光も見えない・・・・





過去を忘れて 前に進むだけ。。。。 静かなラストです。










          ペタしてね
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。