ひばなのシネマの天地

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

劇場鑑賞

サブウェイ123 激突

     pelham_123_2.jpg

          
        ジャンル : スリラー/サスペンス

        製作年 : 2009年

        製作国 : アメリカ

        配給 : ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント


        監督  トニー・スコット

        原作  ジョン・ゴーディ

        出演  デンゼル・ワシントン

            ジョン・トラボルタ

            ジョン・タトゥーロ

            ルイス・ガスマン

            マイケル・リスポリ

            ジェームズ・ガンドルフィーニ




2時00分-ニューヨーク地下鉄運行指令室。


ここで働くガーバーは、ペラム発1時23分列車が緊急停車したことに気づく。


しかも、その車両は切り離され、1車両のみが停まっていた。


無線で回答してきたのは、ライダーと名乗る男。


その要求は1000万ドル、身代金を用意するのはニューヨーク市長、人質は19名、残された時間は59分間、さらに、交渉相手にはガーバーを指名。


地下鉄のことなら全てを熟知しているガーバーは、犯人は逃げ切れないはずだと確信を持っていた。


しかし、圧倒的な自信で次々に要求を重ねるライダー。


ガーバーは交渉を進める中、さまざま疑問を抱いていく…。(作品資料より)


subway_3.jpg

0803subway.jpg


この作品公開前から  ずっと気になっていたので 居ても立ってもいられず・・・

レイト・ショーで 観て来ました~~~!!!

オリジナル作品 「サブウェイ・パニック」 も再鑑賞済みなので あらすじは把握しての 鑑賞でした。


20090611-00000007-eiga-movi-view-000.jpg

subway123.jpg


なんといっても 楽しみだったのは ジョン・トラボルタ演じる ライダーです!!


予告でこの風貌を見て ”かっこいい~” と思ってしまって・・・ 


どんな悪党ぶりを見せてくれるのか とても楽しみでした~


subway123_3_large.jpg


4953d01d973f3340f217c981500202ad.jpg


期待通りの 悪党ぶり。。。 そして 非情さも兼ね備えていて ライダーの絶対的な存在感を 見事に演じていました。


そして ガーバーとの交渉のやり取りも 感情のないやり取りから 次第に二人の間に 何かが生まれていくさまが 印象的です。


身代金輸送シーンも ドライバーとその護衛にあたる白バイの執念が見て取れて 緊迫感の中にも スピード感があって 見ごたえがありました。


721a7_97_N0019234_l.jpg

ラストで ライダーとガーバーの間には 2人にしか分からない つながりを感じ。。。


そして ガーバーはこの事件の後 きっと蘇っていくんでしょうね・・・
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。