ひばなのシネマの天地

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

DVD鑑賞

アウェイ・フロム・ハ- 君を想う


           


            ジャンル :  ドラマ

            製作年 :   2006年

            製作国 :   カナダ

            配給 :    アニープラネット

            上映時間 : 110分


            監督・脚本  サラ・ポーリー

            原作      アリス・マンロー

            出演      ジュリー・クリスティー

                    ゴードン・ビンセント

                    オリンピア・デュカキス

                    マイケル・マーフィー



フィオーナとグラントは結婚して44年。


かつて大学教授時代には教え子との浮気でフィオーナを苦しめたグラントだったが、結局は妻のもとに帰り、今は仲睦まじく湖畔の家で暮らしていた。


ところが、フィオーナにアルツハイマー型認知症の症状が現れ始め、彼女は自ら介護施設への入所を決める。


面会に訪れたグラントはフィオーナが自分を認識できず、車椅子の男性オーブリーと親密に過ごす姿を目の当たりにする。



       

これは。。。。 切ないストーリーですね。


妻のアルツハイマー型認知症で 44年間の夫婦の生活に 突然の終止符が訪れます。


夫であるグラントの 妻への想いは 深くて不器用・・・



         

病のせいとは言え だんだん離れていく妻を 静かに見守る姿が 切なすぎます。


過去の過ちへの 罰。


妻フィオーナの恋心を知った時の グラントの屈辱と それでも妻の為に見守り続ける姿・・・



         

         

妻の為に出来ること そして これからの自分の残された人生を 静かに不器用に探す姿に 共感します。


こんなに愛されている事を きっとフィオーナは気づいていないと思っていました。



      

グラントの苦悩が前面に描かれ フィオーナの病への恐怖などは あまり詳しくは描かれていないストーリーです。


ただ ラストで 全てを受け入れ決断したグラントに フィオーナが残す言葉が印象的で 彼女の最後の愛情を感じました。


「私を 見捨てていいのよ」



           ペタしてね

スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。