ひばなのシネマの天地

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

劇場鑑賞

ATOM

    アトム1

         監督: デビッド・バワーズ
         脚本: ティモシー・ハリス
         制作: マリアン・ガーガー



        声の出演    
        フレディ・ハイモア
        クリスティン・ベル
        ネイサン・レイン
        ユージン・レヴィ
        マット・ルーカス
        ビル・ナイ
        ドナルド・サザーランド
        ニコラス・ケイジ


    アトム3

ロボットによって全ての世話をしてくれる夢のような空中都市メトロシティ。そこで生活をしているテンマ博士の息子トビーは、ピースキーパーの実験中の事故によって命を落としてしまう、

悲嘆にくれるテンマ博士はトビーの姿と記憶を持ち、究極のエネルギー『ブルーコア』を搭載した人間にそっくりなロボットを作り上げた。しかし、息子として迎え入れたもののどこか本物とは違う事を痛感したテンマ博士は彼を拒絶してしまう。

自分がロボットであることを知りブルーコアを狙うストーン大統領にも追われ地上へ落ちた彼は、コーラたち地上に住む子供達と出会い『アトム』と名乗り、自分の居場所を探すために彼らと暮らす事となったのであった。


アトム2


アトム4

日本ではおなじみの 手塚治虫氏原作のアニメが アメリカ=香港の合作でCGアニメとなって 逆輸入です。

日本では 手塚氏の長男 手塚眞氏が宣伝プロデューサーを務めています。

どんな作品に仕上がっているのか ワクワクしながら 鑑賞しました~!!


アトム6

映像はフルCGなので 鮮明で滑らか。。。アニメのアトムを知っている世代には ちょっと違和感があるかも知れません。

新しいアトムの誕生ですね。



アトム7


アトム5

ストーリーは アトム誕生から始まります。

手塚治虫氏の意思を受け継ぎ 地球・生物・人間。。。すべてを愛する心を表現しています。

正義と愛を使命に生まれた ATOM その活躍にワクワクし 献身さに切なくなります。

ただのアニメではない この作品、、、お子さんもご一緒に鑑賞をお勧めします。


アトム8

僕は死んだ。

そして。。。。。

父さんが新しい命をくれた。

僕の名は・・・・・・


ATOM
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(2)

~ Comment ~


ミックさんへ

吹きかえ版 ATOMは上戸 あやさん テンマ博士を役所 広司さん ですね。
吹き替え版も見ましたよ、 先日の ファイナル~の吹き替えとは違って
役者さんなので 違和感はありませんでした。 他に 山寺こういちさんなどが脇を固めていて
とっても 楽しめましたよ。

全米では 今週金曜日からの 公開です。
#16[2009/10/22 06:45]  ひばな☆  URL 

No title

これって日本が製作したと思ってました^^;

吹き替え版は確か上戸あやですよね。
芸能人の吹き替えはちょっと苦手ですが、どうでしたかね?

観てない映画が多すぎてやばいです!!
#15[2009/10/22 06:15]  Mr.ミック  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。