ひばなのシネマの天地

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

劇場鑑賞

アデル

アデル8

ジャンル : アドベンチャー
製作年 : 2010年
製作国 : フランス
配給 : アスミック・エース
上映時間 : 107分
監督・脚本 : リュック・ベッソン
出演 : ルイーズ・ブルゴワン
マチュー・アマルリック
フィリップ・ナオン
ジル・ルルーシュ
ジャッキー・ネルセシアン
ジャン=ポール・ルーヴ
ロール・ド・クレモン


1911年。パリでは、博物館に展示されていた卵の化石から翼竜・プテロダクティルスが孵化し、人々を襲うという事件が勃発していた。

ジュラ紀の専門家エスペランデュー教授が翼竜を甦らせてしまったのだ。

その頃、ジャーナリストのアデル・ブラン=セックはエジプトの王家の谷にいた。

仮死状態の妹・アガットを救うため、王家に伝わる復活の秘薬を入手しようとしていたのだ。

アデルは、発見した医師のミイラをフランスに持ち帰り…。


アデル2

アデル5

アデル4

映画レヴューもとうとう500本になりました。 自分ではそんなに書いた実感はないんですが 何となく達成感はあります。 まだ見たのに書いていない作品も沢山あるので どんどん気ままに書いていきたいと思っています。

ブログを覗きに来てくださる方も どんどん増えて本当にみなさんには 感謝しています。 ありがとうございます!! そしてこれからもよろしくお願いいたします♪

ということで 500本目を飾るのは 監督紹介でも記事をUPした リュック・ベッソン監督最新作「アデル」です。


アデル12

アデル6

アデル10


やっぱりこの監督の作品大好きかも~(笑)

予告を見ると 女インディージョーンズ?!って思うような雰囲気なんだけど 確かに冒険があってエジプト文明や博物館も絡んでワクワクしちゃうんですが。。。。

そこはフランス映画!! インディ・ジョーンズとは違うテイストで どちらかというと。。。。フレンチ・コメディかな?


アデル9

アデル3

アデル11


アデルの周りで 勝手に色んな事をしてる登場人物たち。。。。もう ハチャメチャです~(笑)

アデル自身も 物凄いキャラで早口で捲し立ててしゃべるしゃべる。。。その上 物凄く強い!!!

精神的にも肉体的にも 男性を寄せ付けないアデルにほれちゃいそうです!


アデル13

アデル14

アデル1


不慮の事故に遭った妹を助けるために 奔走するアデルが時折見せる女性らしい部分でしんみりするシーンも。。。。

原作は1976年から続くフランスの国民的人気コミック「アデル・ブラン=セック」。

本作は今のところ9話まで出来ているものから 1話~4話を映像化したのもです。 原作もちょっと気になりますね~

9話・・・ってことは??? 続編もありってことでしょうね~♪


アデル7

最後の最後。。。。そして細部にまでベッソン監督のお茶目心が散りばめられていて 楽しめましたよ!!

もう最近の作品では当たり前のようになっていますが この作品も例にもれずエンドロールの途中で お話の続きが。。。。

とっても楽しめるエピソードなので 最後まで楽しんでくださいね!!

そういえば。。。。あまりにも途中の話が面白いので 最初に出てきたトレジャーハンターの事 すっかり忘れてたんですよね。。。。(汗)

彼の事もしっかり記憶に残るように してくれるので安心しました(ほっ)
スポンサーサイト
*Edit TB(1) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


-

管理人の承認後に表示されます
[2012/05/07 11:23] URL

Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。