ひばなのシネマの天地

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

DVD鑑賞

感染列島


            

             

             

              ジャンル :    ドラマ

              製作年 :    2009年

              製作国 :     日本

              配給 :      東宝

              上映時間 :    138分

              監督・脚本   瀬々敬久

              出演       妻夫木聡 檀れい 国仲涼子

                        池脇千鶴 田中裕二 佐藤浩市

                        藤竜也




正月明け、市立病院に務める松岡剛の元に1人の急患が運ばれてきた。


新型インフルエンザに類似する症状だがワクチンが通用せず、患者は死亡。


やがて同僚の安藤医師や他の患者に感染が広がり、病院はパニックになってしまう。


WHOのメディカルオフィサーで松岡の元恋人・小林栄子が事態の収拾と調査に乗り出し、松岡も彼女と共に戦うことを決意するが、感染は日本全国に広がってしまい……。



        

        

この作品が公開された頃 リアルに新型ウィルスの猛威で 世界中が震撼していましたね。


実際と照らし合わせて考えるのは ちょっと無理がありますが・・・


国家の対応や 人々のパニックは 現実に起こりうる問題でしょう。



           

           

この作品の重要なところは 感染の拡大をどう食い止めるか?? なんですが・・・


既に 飛沫感染が横行してしまって 手の施しようもない・・ ウイルスの特定も出来ない・・


そこから 人々や 医療従事者たちの 本来の姿が描かれていきます。




           

           

色々な考えと 多くの知識を持った科学者たち。


彼らの おかれた立場の違いで ぶつかり合い 自分のなすべき事を模索していく・・


今の 政治のあり方への問題も提起してるのかな・・・




          

          

自分の身近な人が 感染してしまったら・・・


自分はどんな行動を取れるんだろう・・ 最善の選択が出来るんだろうか・・


多くの 疑問と自問に 答えは何通りもあります。 


主人公がとった行動は??




          

          

大切な人を失った時 本当の答えが見つかることもあるんですね。


主演の妻夫木聡さん 「ブラックジャックをよろしく」の時の 演技をちょっと思い出してしまいました・・・


                   ペタしてね


              

                      過去記事

                    ダウン  ダウン  ダウン

                     感染列島

スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。