ひばなのシネマの天地

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

DVD鑑賞

ダイアリー・オブ・ザ・デッド


          

         

          ジャンル : ホラー

          製作年 : 2008年

          製作国 : アメリカ

          配給 : プレシディオ


          監督・脚本 ジョージ・A・ロメロ

          主演     ミシェル・モーガン

                  ジョシュ・クローズ

                  ショーン・ロバーツ

                  エイミー・ラロンド

                  ジョー・ディニコル



大学の映画学科に通うジェイソンは、ペンシルバニアの山奥で仲間と共に卒業製作のホラー映画を撮影していた。


スケジュールは何日もオーバーしており、役者もスタッフも疲れていた。


そんな時、ラジオから衝撃のニュースが流れた。


世界各国で死体が息を吹き返し、生きている人間を襲い始めたというのだ。


山を下り、信じられない光景をを目にしたジェイソンたちは、死人が人間を襲う様子を全て撮影することを決意するのだった。



        

ゾンビ映画ですが・・・ シリアスな作品です。


事件が起きてからの様子を ドキュメンタリーのように撮り続け 生き残った人の為に操作されない 真実の映像を残していきます。



        

        

死人がよみがえることの恐怖よりも その事態に対処する人々の行動が 恐ろしいですね~


最初に訳も分らず ゾンビを殺していた人も 何人も殺すうちにマヒしてくる・・


生き残る為に本当に 必要な事なのか・・・?


そんな疑問もわいてきます。



        

        

なんだか・・ 恐怖の矛先が だんだん変っていく・・


ゾンビは何故 現れたんだろう・・


今の社会を 浄化する為の 手段なのかな・・・


こんなに 色んな事考えてみる ホラーも たまにはいいのかな・・


           ペタしてね

スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。