ひばなのシネマの天地

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

DVD鑑賞

地上5センチの恋心

          

   ジャンル : コメディ
   製作年 : 2007年
   製作国 : フランス=ベルギー
   配給 : クレストインターナショナル、ヘキサゴン・ピクチャーズ
   上映時間 : 100分

   監督・脚本 : エリック=エマニュエル・シュミット
   出演    : カトリーヌ・フロ 、 アルベール・デュポンテル 、
           ファブリス・ミュルジア 、
          ジャック・ウェベール 、 アラン・ドゥテー


昼間はデパートの化粧品売場で働き、夜はレビュー用の羽飾り作りの内職をしながら二人の子どもと暮らす未亡人オデットの楽しみは、大好きなロマンス小説を読む事。

憧れの人気作家バルタザール・バルザンのサイン会があると聞けば、思い切りめかし込んで駆け、ファンレターを手渡すのだった。

一方、批評家に酷評され、妻には浮気されて落ち込むバルタザールは、“イチ”ファンであるオデットに救いを求めるのだった…。


     

主演のオデットが なんとなく自分にリンクするところがあって 最初のデパートのシーンから すでに引き込まれてしまいました。

どこにでもいそうな 普通の女性。 読書が好きで大好きな本を読むと 物語の中に入ってしまう・・・その心境 わかりすぎます!

そして 大好きな作家への恋心。 大好きな人が抜け殻になって目の前に現れたら・・・・

きっと同じことをするだろうな・・・ どんな事をしても 助けたいって思う。 オデットもきっと こんな気持ちになったんだろうと 想像します。

ラストのオデットの言葉が ストーリーの締めくくりにふさわしい感じがします。

    「恋してるんじゃない 愛してるの」

ふわふわ浮かんでた恋心が 現実に舞い降りたんですね。





     ペタしてね
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。