ひばなのシネマの天地

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

DVD鑑賞

七夕なので・・/星に願いを

星に願いを。 [DVD]
¥3,310
Amazon.co.jp


あなたの“想い”は、大切なあの人に伝わっていますか?

 ケータイやメールが爆発的に普及し、人と人とのコミュニケーションが一見活発に取り交わされているように見える現代。



だけど、あなたの本当の気持ちは、果して大切なあの人にちゃんと伝わっているのでしょうか。 人を好きになったり、誰かを大切に思う気持ちは誰しも相手にしっかりと伝えたいものです。



ただ、現実にはなかなかうまくいかないのも事実。



この物語では、そんな伝えたいのに伝えられないもどかしさや、 会いたいのに会えない切なさをテーマに、その純粋な“想い”が招く“恋のキセキ”をハートフルに描いています。



ピュアであるがゆえに儚く切ない、そんなラブストーリーが誕生しました。
 



大切な人を失い、深い悲しみの淵に沈んでしまう看護師・奏を演じるのは竹内結子。 そして、前半ではハンディキャップを背負い、後半では生前とは全く違う“ゴースト”的なキャラクターになる青年・笙吾には吉沢悠が扮しました。
 



メガホンをとったのは「非・バランス」(01年)、「ごめん」(02年)等で瑞々しい感性と確かな演出力に注目が集まる冨樫 森。 また、この作品では北海道・函館でオールロケ撮影が敢行され、新島橋、八幡坂、赤レンガ倉庫、路面電車、西波止場、旧ロシア領事館、外人墓地、そして函館山の夜景など、様々なロマンティックスポットが登場しています。



本当に奇跡が起こっても不思議ではないこの港町が、切ない恋物語をより一層美しく、そして優しく彩ります。

2002年 / 35mm / カラー / ビスタサイズ / DTSステレオ / 106分

 本作品の原作は2001年に公開され、香港のアカデミー賞3部門を受賞した「星願(セイガン)」。



日本公開時にも若い女性層を中心に大好評を博した良質の恋愛映画を日本風にアレンジ。より甘くせつないピュアな恋愛映画になって生まれ変わりました。




          

今日は七夕。



誰かを思って 星に願いを。。。。。



遠く離れた人へ 



想いが届きますように。



切ない想いを描いた 作品を紹介します


          ペタしてね

スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。