ひばなのシネマの天地

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

最新映画情報

ちょっとコアな作品/ザ・スピリット


     

セントラル・シティを悪から守る仮面の男、スピリット。その正体は死んだはずの元刑事デニー・コルトだ。





彼は一度死んだもののなぜか墓場から甦り、死なない肉体を武器に戦い続けている。ある日連絡を受けたスピリットは闇取引の現場へと向かうと、そこには凶悪犯罪者オクトパスの姿が。


また同じ現場からは宝石泥棒サンド・サレフも脱出を図っていた。スピリットはサンドが自分の初恋の相手であることを知り、彼女を探すが……。


アメリカン・コミックの鬼才フランク・ミラーが、ウィル・アイズナーの原作を元に作り上げたダークヒーロー・アクション。


不死の肉体を持つ男・スピリットが自らの存在に悩みながらも悪と戦い街を守る姿を描いていく。映像表現は非常にオリジナリティにあふれたものに。


白と黒をベースに1ヵ所だけ原色を配する独特のパートカラー表現により、ハードボイルド感やキャラクターの感情などを表現。





その他キレのある演出で観る者を驚かせる。端正な顔にマスクをつけた主演のガブリエル・マクトは、製作陣をして「スピリットそのもの」と言わしめた演技を披露。彼の敵役オクトパスを演じたサミュエル・L・ジャクソンは怪演で凶悪犯を表現した。




「シン・シティ」「ウォッチメン」にしびれちゃった方には お勧めですね。

しびれちゃった私ですが・・ 劇場へ行くか・・ ただいま考察中です。


スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。