ひばなのシネマの天地

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 

DVD鑑賞

原題はMR73/やがて復讐という名の雨

【原題:MR73】


マニューリン(Manurhin)MR73は、フランス警察の要請により1973年に開発された6弾装のリボルバー型拳銃である。



 これは 原題版 ポスター
こっちは 日本向けポスター かっこいい~ラブラブ


大ヒットを記録した現代版フィルム・ノワール『あるいは裏切りという名の犬』のオリヴィエ・マルシャル監督と主演のダニエル・オートゥイユが再びタッグを組んでおくる、硬質なハードボイルド・アクション。


ベテラン刑事シュナイデルが抱える心の傷、かつて両親を殺人犯に殺された女性、そして猟奇殺人犯の謎。


息詰まる重厚な空気のなかで、ただ一人孤独に戦う男の姿を描き出す。


監督自身の刑事時代の経験を折り込んだというエピソードも興味深い。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


思いがけず いい作品に出会いました。


まだまだフランス作品に慣れていないのか フランス映画 独特の掴みどころのないような・・・先の読めない展開に 戸惑ったり 心地よかったり・・・


ストーリーが進んでもまだ 何も繋がっていかない・・ それなのに 目が離せない。


主人公シュナイデルの荒れ果てた部分には 何とも言えない哀愁があり 抱きしめたくなります。


家族・恋人・友人・・・・仕事・汚職・罠・・・・事件・復讐・・・・・

さまざまな要素を含んで 展開してゆき  そして雨。


究極の選択の結末は・・・ 


ゆっくりと確実に進むストーリーは とても重厚です。 


是非 お勧めしたい作品です。



     ペタしてね




スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。